くぼちゃんち

実体験と心理学を中心に描く、くぼちゃんの備忘録

熱が冷めたり意欲が湧かない時の原因と治し方

f:id:Daggerlife:20171005221052j:plain

 

 

ボーッ。

 

 

なぜだか何もやる気が起きないし、何かをしようと思っても力が入らない......。

そんなことが時々あると思う。

 

しかもそういう時に限って大切なことがあったり、やらなきゃならないことがあったりと

絶妙なタイミングだったりするから厄介なんだよね。

 

 

やっていることに対して熱が急に冷めたり意欲が湧かない時、ボーッとしてたい人もいるけど

早くこの状況から打破したいぜ......なんて思う人いるはず。

 

なので、以前僕が意欲が湧かない時にどう立ち直ったか経験談を混ぜて

誰でもできる治し方を紹介しようと思う。

 

 

そもそもの原因

f:id:Daggerlife:20171006003523j:plain

 

まず、治し方の前に一番考えて欲しいのは

 

 

なんでワイ、やる気なくなってしもうたん?

 

 

って考えること。

 

まず原因から追求しておかないと、今後また同じようなサイクルを何度何度も繰り返してしまうからね。

 

 

野球でいうとピッチャーのストレートを三振するわけでもヒットを打つわけでもなく

永遠とカットしてファールしてくるバッターみたいな。

 

原因というボールはきちんと拾ってアウトにしていこう。

 

 

ってちょっとカッコいいこと言ったので終わり......ません。

 

 

まぁ 要するに原因を追求することで今後同じようなことがあっても対応できるからしておいたほうがいいよってこと。

 

マンネリ化

f:id:Daggerlife:20171006003730j:plain

じゃあ原因ってどんなのがあるの?

って思うかもしれないけど、中々意欲が湧かない時ってそんなこと考えてもわからない状態って多いんだよね。

 

だからあえて客観視してぼくが何個が原因を抜き出してみようと思う。

 

まずは、マンネリ化

 

同じような環境で同じようなことを同じようにしている。

 

 

そりゃ、ボーッとなるわ。

 

 

何も変化がないし、淡々とまるでロボットのようにこなしていくだけ。

 

 

だからなんだかつまんなくなってくるし刺激もないし、なんだかため息が出るような状態になってるから。

 

刺激もない、なんだか心電図でいうフラットな状態で意欲を出そうとしても無理がある。

 

ちょっと休憩したい

f:id:Daggerlife:20171006003744j:plain

今度は逆で、色々何かしすぎて「ちょっと休憩したい」って時。

 

意欲が湧かないというよりも、意欲は湧いてるんだけど

常に気を張りすぎてなんだか精神的に疲れちゃってる状態。

 

でも休もうとしたら、やらなきゃいけないことがあったり自分が追い求めている理想とのギャップに焦ってしまってうまく「オンオフ」が切り替えられない人も多い。

 

目標がない

f:id:Daggerlife:20171006003834j:plain

 

がむしゃらに目の前のことだけをやってる時って、集中できたり背中から熱が出るような闘志に満ち溢れてるんだけど

それらをやり終えた瞬間に急に熱がなくなってきたり、やっていたことに味気なさを感じてしまう時がある。

 

簡単にいうと

メジャーで茂野吾郎がワールドシリーズを投げ抜いた後にイップスに陥ったような原因と似ているね。

 

f:id:Daggerlife:20171005225100j:plain

 

あ、66巻からです(聞いてない

 

MAJOR(66) MAJOR (少年サンデーコミックス)

 

試したいことと治し方

f:id:Daggerlife:20171006003951j:plain

 

じゃあ原因はある程度わかったけど、直す方法はどうすればいいの?って方いると思うので。

 

まず、僕が試したことや経験談も含めて説明していくね。

 

目標を見つける

さっきのメジャーの話からもあったけど、まずは自分にとっての目標を見つける。

 

 

なんでもいい。

 

それをすることで自分がどうなりたかったのか、どうしたかったのか。

 

 

モテたい!
自分のスキルアップしたい!

稼いでやるぜ!

夢のためだ!

 

熱が冷めたり、意欲が湧かなくなる時ってどうしても現実に潰されたり現状に悩んだりしてう。

そしてたち止まった時間が長くなればなるほど悪い方へ流れて行く。

 

 

貪欲に。貪欲に。

 

 

目標とかどうすればいいのかわかんないし!って人は

僕が目標の立て方がわからなかった時に経営者の方から教えてもらったこの本をちゃんと読んで行動すると

目標を達成できて今の自分よりもひとまわり大きくなった自分になれるよ。

 

ザ・コーチ - 最高の自分に出会える『目標の達人ノート』

 

ただ目標を立てることができても実際に行動まで写せない......

でも写したいって人はこの本も一緒に買うのがオススメ。

 

原田隆史監修 目標達成ノート STAR PLANNER

 

この本は目標が達成できるスケジュール帳のようなもので、スケジュールを書き込みながら

目標にしたいことや、習慣化して理想の自分に近づけてくれる優れもの。

 

f:id:Daggerlife:20171006004224j:plain

 

スケジュール帳と一緒に書き込んでいくから、常に自分が目標ややりたいことが見れる状態を作り出すことができる。

 

 

あとは買ってみてから実践だね。

 

夢を書き出す

f:id:Daggerlife:20171006004414j:plain

これも目標と少し似てるんだけど、自分がモチベーションが上がる時ってどんな時かを思い出して欲しい

 

 

僕の場合、夢が叶った時を想像したりそれが叶ったことで自分に起こりうることを想像するとモチベーションが上がるんだよね。

 

でも、夢ってなにさ?

って言われた時、言葉に詰まる人っていない?

 

あれもしたい、これもしたい、ってどこかで思ってるんだろうけど、実際に言葉には出ない人ってかなり多い。

 

要は自分の中で形になっていないから想像も曖昧になってるし、イマイチテンションが上がるまでに至らない。

 

やる気のスイッチに繋がらない。

 

 

だったら自分の中で形づけるために、夢を書き出してみよう。

 

 

どこかに行きたい。

あれが欲しい、これが欲しい。

あの車に乗りたい。

こんな自分になりたい。

 

そして書き出した後に、本当に叶えたい事があるならばこれはやって欲しい。

 

 

アウトプットする事。

 

 

www.kubochan-chi.com

 

この記事にも書いてるんだけど、アウトプットの力は本当に引き寄せの法則と似ているから要チェック。

 

 

夢を書き出したら常に自分が見れるとこに置いておいて、想像して楽しんでおこう。

 

趣味で頭を空っぽに

f:id:Daggerlife:20171006004517j:plain

一番最初に書いたんだけど、「オンオフ」がうまくできずに意欲がなくなったり、焦ってしまう人は

一度考えることをやめて、違うことで頭を空っぽにしよう。

 

なんだかそのことを考えないといけない!ってところまで来ている人は、逆にそのことで空回りしたことを認めたほうがいい。

 

 

やるときはやってやらない時はやらない。

 

 

やらない時はやらない。

 

 

大切なので2回。

 

息抜きも大切だよ。

 

www.kubochan-chi.com

 

「オンオフ」がうまく切り替えられない人はこの記事もチェック。

 

深刻化しない

 

f:id:Daggerlife:20171006004628j:plain

 

意欲が湧かなくなったり熱が冷めても深刻化は決してしないこと。

 

 

今はそういう時期なんだなぁ〜くらいで受け止めても大丈夫。

 

特にやる気があった時期も体験している人は、その頑張った分の反動が少し来ているんだ、くらいで楽観的に考えよう。

 

 

大丈夫。

 

自分のペースで頑張っていけば。