くぼちゃんち

日々の「ハッケン」を形に変える、ゆるふわ系情報発信ブログ

花火に誘った友人が「空気が読めない人」の代表例だった

「明日、○○なんだけど一緒にどう?」

 

 

「おぉ! いいね! 行こう!」

 

 

友人や恋人を遊びに誘ったり、イベントに招待する時の何の変哲もないやりとりですが

先日私はある奇妙なやりとりに迷い込んでしまいました。

 

f:id:Daggerlife:20160827143632j:plain

エ? 「カノジョ」モサソウノ?

夏といえば「海」や「花火」と言うワードが毎年頭の中の1位を奪い合うかと思います。

 

私の中で毎年花火を見ることは恒例となっており、毎年友人を誘って出かけていました。

 

 

毎年友人......。

 

f:id:Daggerlife:20160827143752j:plain

 

(恋人ではない.......だと.......。)

 

 

自分で記事書いて気づいたんですが、そういえば毎年男友達なんだよなぁ......。

 

すごく悲しくなりました。

 

来年は女性を誘ってみようかなぁ(誘うとは言ってない)

 

 

それで、今年も例年通りに友人に声をかけてみたんですが、なんと5人連続で断られるという

かわいそすぎて涙も出ない悲しい展開に......。

 

まぁ 今の時期なので予想はしていましたが......。

 

 

人は

「誘う側」と「誘われる側」に分かれていて、私はいつも「誘う側」なのですが

受身でも何かしら言葉をかけられる人をこれほど羨ましいと思ったことはないです。

 

 

もしも、何もしなくても誘われる人がいるならそれは才能だと思います。

大切にしてください(嫉妬)

 

 

 

それで話は戻りますが

6人目に、白目をむきながら連絡してみたんです。

 

f:id:Daggerlife:20160827144020j:plain

 

「花火.......。は.......な.........び........」

 

 

「おぉ いいね! 行こう!」

 

 

白目から鱗が出た瞬間でした。

 

5人に断られながらも諦めずまっすぐ自分の気持ちに主事気になった甲斐がありました。

 

 

ナルトもきっと私を火影にしてくれるだろうと思います。

 

 

しかし、次の言葉で私の目は完全に床に落ちてしまったのです。

 

 

「でも、ちょっと彼女がどうなのか聞いてみるね!」

 

 

「空気読めない」とはこのことか

f:id:Daggerlife:20160827150417p:plain

「え? 彼女も誘うの?」

 

と、スマホを覗きながら思わず口に出してしまいました。

 

 

なんでも私とも彼女とも一緒に行きたいらしいのですが、

 

 

私と友人の彼女は面識がない!

 

 

友人がいかに客観的に物事を見れないのかが分かり、少し残念に思いました。

 

 

もしも

友人から遊びやイベントに招待された時に、彼女も誘おうと考える人に先に言っておきますが

 

絶対にやめたほうがいいです。

 

 

はっきり言って「余計」です。

 

 

私を例に出すと、私だけではなく彼女側もきっと

 

「え? 友人も一緒なの?」

 

と感じているはずですし、

周りの人から見ると

 

私ってカップルの邪魔しているだけなんじゃ.......。

 

 

といいことなんて一つもないです。

 

いい経験として心にそっとじ。

f:id:Daggerlife:20160827150624j:plain

結局、私が断ればよかったものの

半分意地で3人で行くことになりました。

 

 

 

内容についてはみなさんのご想像におまかせします。

 

 

 

花火を見ている時に、隣で手をつなぎイチャイチャしはじめたときは

さすがに2人を散らしてしまおうかと考えましたが、これはこれでいい経験として心に押し込めることにしました。

 

 

花火を純粋に見ることができませんでしたので、来年からは絶対にこの友人は誘わないようにします。

 

 

今回の件でわかったことは

 

「空気が読めない人」というのは、客観的に物事が考えられないということです。

 

自分の都合のいいように物事を進めようとするので、相手が振り回されて疲れてしまう可能性もありますし、

自分優位なので、相手の理解を得ようとしない。

 

 

今回の経験を生かし、私の友人を「空気が読めない人」に認定し、反面教師で臨んでいきたいと思います。

 

 

みなさんも「空気の読めない人」には気をつけて__。