くぼちゃんち

実体験と心理学を中心に描く、くぼちゃんの備忘録

【5分でできる】カラオケで上手く歌えるようになる準備運動の方法!

f:id:Daggerlife:20160810153705j:plain

 

 

好きな女性とカラオケに行った時......

 

 

採点で高得点を出したい時......

 

ーーーー

ーーー

 

前にカラオケで歌った時は調子が良かったのに、今日に限って絶不調......なんて経験はないでしょうか?

 

私も1人で虚しくカラオケで歌っている時は上手く歌えるのに、みんなの前で歌おうとするとあら不思議

 

いつもより全然歌えてない!

 

と思う時は結構ありました。

 

「歌が上手い」というのは1つのステータスにもなり、やはりバンドでも楽器が弾ける楽器隊よりもボーカルの方が人気がありますよね。

 

私は以前ボイストレーニングに通っていた経験があり、

そこで

大切なことは歌のビブラートやハーモニーといった小手先の技術ではなく、もっと根本的な部分にあることを学びました。

 

 

それが、

 

 

「準備運動」

 

です。

 

今回は歌を上手く歌えるようにするための準備運動とその大切さについて話していこうと思います。

 

5分くらいでできる簡単な準備運動なので、始まる前などにすぐにできるのでカナリオススメです。

 

1、首を回す運動

f:id:Daggerlife:20160810153742j:plain

めちゃくちゃ簡単です。

 

これは私がボイトレを始める時に必ず一番最初に行った体操です。

 

 

1、首を縦に10往復

2、首を横に10往復

3、首を左に10回回す

4、首を右に10回回す

 

ポイントとしては

首全体の筋肉をほぐす感覚をつかむようにゆっくりと行ってください。

 

2、首や肩を手でほぐしていく

f:id:Daggerlife:20160810153831j:plain

喉に今から歌うことを伝えるために、喉周りの筋肉を手で軽くほぐしていきます。

 

1、首全体をマッサージする感覚で手でほぐしていく

2、肩をマッサージする感じで手でほぐしていく

 

ポイントとしては

リラックスして体の力を抜いて行ってください。

 

固まったままほぐすのではなく、腕や首を軽く回しながら行ってください。

 

そうすることで固まったままでは現れない筋肉もほぐせるようになります。

 

3、顔と舌の運動

f:id:Daggerlife:20160810153926j:plain

喉があるために首は運動したほうがいいというのはなんとなくわかるかと思いますが、意外に見落としがちなのがここの部分だと思います。

 

1、顔全体を手でクリームを塗っていくように少し強めにほぐしていく

2、口を思い切り開けて、それを閉じる作業を10回繰り返す

3、2を顔全体を使うように行う

4、舌を右に10〜20回回す

5、舌を左に10〜20回回す

 

ポイントとしては

頭全体をほぐすイメージで顔全体を手でほぐしていくことと

 

口の運動は変顔をするようになるべく大きく動作することです

 

舌回しはやったことがない人は結構キツく感じるかもしれませんが、舌回しって

意外に頬の周りがスラッとするなどの美容効果もあるので侮ってはいけません。

 

口の運動

f:id:Daggerlife:20160810154107j:plain

リップロールやタングトリルは有名だと思います。

 

それを行なっていきます。

 

1、リップロール適当に

2、タングトリル適当に

 

やり方については

phrasebox.jp

 

こちらの方を参考にしてみてください。

 

簡単に言うと

 

1、口を閉じてその隙間から息を吐く

 

とできると思います。

 

適度に体もほぐしておく

f:id:Daggerlife:20160810154130j:plain

これで顔や喉への準備体操は終わりなので、あとは体を軽く動かしてください。

 

それと

 

本当に気合を入れてカラオケに臨みたいのであれば

 

みぞおちに両手の先を当てて足上げ腹筋を50回

 

膝を曲げる体勢を作って

みぞおちに両手の先を当てながら上半身だけを起こす腹筋50回

 

をしておくと音圧も上がりかなり歌いやすくなります。

 

本気で走る前にはウォーミングアップ

f:id:Daggerlife:20160810154233j:plain

アナタがもし大切な大会で結果を残したいと思った時に、始まる前までの時間をどう過ごすでしょうか?

 

 

おそらく何もしない人はほとんどいないのでしょうか?

 

 

例えばマラソンでいうと、始まる前には必ず全身の筋肉をほぐし適度にランニングをするなど

 

始まる前までに自分をトップギアの状態に仕上げていくと思います。

 

カラオケで上手く歌えるようになることも同じで、

喉や顔の筋肉をほぐしたりするなど、歌える状態にしておかないと

 

上手く歌えません。

 

 

カラオケで後半になってくると始まった当初よりも音域が広くなっているのは、荒々しいですが始めよりは喉や顔の筋肉がほぐれてきたためです。

 

しかし、マラソンで準備運動していないとすぐに足を痛めるのと同じで、

 

準備運動をしないまま歌うと喉を痛めるケースも少なくありません。

 

 

準備運動は歌を上手く歌う上でとても大切なことなのです。

 

レッツカラオケ!

個人差はあると思いますが、何もしてない状態よりは絶対に上手く歌えます

 

私は急遽カラオケに行くことが決まった気はさりげな〜〜くやっています(笑)

 

まぁ いつもよりもいい調子で歌えるのならば堂々とやってもいいと思いますよ!

 

 

ぜひ、この準備運動で

 

上手く歌っちゃってください!