くぼちゃんち

日々の「ハッケン」を形に変える、ゆるふわ系情報発信ブログ

男性側目線から突っ込む「ソフレ(添い寝フレンド)」の必要性

f:id:Daggerlife:20160604104756j:plain

近年、大学生や社会人の間で流行っているのかは知らないが囁かれている言葉があります。

 

 

「ソフレ」です。

 

 

ソフトなレンズでも、ソフのフレンドでもありません。

 

添い寝フレンドです。

 

f:id:Daggerlife:20160601152845j:plain

 

意味はその名の通り、

 

「まぁ、営みはしないんだけど添い寝してくれる相手」だそうです。

 

現代では肉食系の男性よりも“草食系男子”が増えている表れなのか、一緒に寝るだけでそれ以上のことはしないフレンド。

 

 

 

私がいる仕事場でも少し議論になりました。

 

アリ? ナシ?

f:id:Daggerlife:20160601161052j:plain

私は基本的に中立の立場を取ってしまう人間なので、

「ソフレ」という言葉を聞いても別に良いような気がしますし悪い気もします。

 

ぶっちゃけ自分の友人が「ソフレいるよ!」と私に言ってきたとしたら、うらやましい気持ちもしますし、少し気持ち悪い複雑な気持ちになるだろうと思います。

 

私には「ソフレ」はいませんが(恋人もいません......)、きっと欲しいと感じる瞬間はあります。

 

例えば1人暮らし

 

私は半年間だけ1人暮らしをしていたことがありますが、その時は寂しくて仕方がありませんでした。

家に帰っても響くのは自分の声だけですし、隣の住人が朝扉を開けた音が聞こえると

「行ってらっしゃい」と心の中でつぶやいていたほどです。

 

特に、仕事が終わった夜にはものすごい孤独感が襲ってきて、誰かと一緒に外を歩きたい感覚になります。

 

 

なので、「ソフレ」に肯定的な人たちは置かれている環境から物事を考えている傾向があるんだと思います。

 

第3者からの目線

f:id:Daggerlife:20160601161400j:plain

第3者からみると結構問題点があります。

 

まずは、世間体。

 

「ソフレ」というグレーゾーンな関係の2人にもしも彼氏や彼女がいたら完全にアウトだと思います。

 

それは「ソフレ」ではなくて、「フリン」です。

 

もしも2人の間で「ソフレ」として認識していても、他人から見るとただの不倫です。

 

しかも、「ソフレ」がいるということは

他人の目線から考えると、軽い人だと思われてしまうだろうと思います。

 

「え? 彼女(彼氏)いないけどソフレはいるの?」という心理の裏側は

「すごい簡単な軽い人なんだなぁ」です。

 

つまり、長い目で見ると「ソフレ」は自分の価値を落としてしまう危険があります。

 

それを考えるとソフレって必要かなぁ......。

 

もう、恋人でよくないか?

f:id:Daggerlife:20160601161227j:plain

そう考えると、私の結論としては「ソフレ」ではなくていっその事「恋人」でいいのではないかと思います。

 

「ソフレ」の関係になれるってことはお互いの心の距離も近いことですし、2人に相手がいないなら

もうカップルでいいじゃん。

 

 

そうだよね、もうカップルでいいよね。

 

 

何を「ソフレ」にする必要があるのか。

 

 

男女の関係は難しいからこそ、こういうグレーゾーンはやるべきではありませんしそれを知ってしまえば

最終的に色々中途半端な自分だけが残って苦労してしまうだろうと思います。

 

まぁ 正直羨ましくなんてない! というと嘘になりますが、やっぱりやめたほうがいいです。

 

 

ソフレ、ダメ絶対。