くぼちゃんち

日々の「ハッケン」を形に変える、ゆるふわ系情報発信ブログ

女性の好きな男性のタイプ「優しい人」に共通すること

女性に

 

「好きな男性のタイプは?」

 

と聞くと、

 

「優しい人」

 

 

と答える女性がかなり多いです(個人的な感想ですが)。

 

f:id:Daggerlife:20160501012516j:plain

 

よくテレビで「好きな男性のタイプ」でも「優しい人」と言うのは必ず上位に入っていることが多いほど

女性は男性に対して「優しさ」を求めています

 

 

しかし、「優しい人」といっても

 

どんな人のことを優しいというのか、は人それぞれであって女性が求めている明確な“優しさ”を見つけることは非常に難しいような気がします。

 

なので、

好きな人に好きな男性のタイプを聞いて、「優しい人」と言われると困ってしまう男性も多いのではないでしょうか。

 

 

私は意外にも女性から「優しい人」と思われていて、実際色々な人から言われるのですが自分自身女性に「優しくしている」という感じはありません。

 

何だか急に自慢みたいになっているのですが、そうではないです。

 

この文章から伝えたいのは

 

「優しさ」は誰にどんな形で受け取られているかわからない

 

ということと

 

優しさには共通の事柄があるということです。

 

 

では、「優しさに共通の事柄」はなんなのかを今回ご紹介していきたいと思います。

 

 

誰かのために何かをするということ

f:id:Daggerlife:20160501012729j:plain

「優しい男性」というのを想像してみてください。

 

どんな男性を思い浮かべるでしょうか。

 

 

私の場合、

 

 

誰かのために何かをしている男性を浮かべます。

 

困っている人に声をかけたり、誰かの話に耳を傾けている人だったり。

 

ここで大切なことは、

優しさというのは1人では成り立たない、ということ。

 

すごく当たり前のことを言っていますが

 

優しいを辞書で調べると

思いやりがあって親切なこと 

 とありました。

 

 

つまり、

 

相手のために何かをするということが優しさに繋がってきます。

 

 

自分が相手ならどうされたいか

f:id:Daggerlife:20160501013027j:plain

そうはいってもやはり「優しさ」というのは、人によって受け取り方が違うわけで

AさんとBさんに同じように自分が何かをしても、

 

どちらも「優しい」と思うかはわからないです。

 

それは価値観が人によって違うので、仕方がないことだと思います。

 

もしもAさんが喜んだからといって、それをいろんな人に実践して

「優しい」と言われるようになるかというとそうではないと思います。

 

そうなってくると「優しい」というのは非常に大まかで分かりづらいですよね。

 

 

私が思っている「優しい人」に共通する事柄というのは、

 

 

自分が相手の立場ならどうしてほしいかを考えて実行する

 

です。

 

 

「相手の嫌がることをしない」ということにも繋がってくるのですが、私の周りで「優しい」と言われている人は、

相手の立場を考えている人が多いです。

 

 

私の場合、

 

“自分が言われて嫌な言葉”

 

は絶対に相手にも言わないし

 

“自分が言われたい言葉”

 

に関しては積極的に相手に伝えています。

 

ここで大切なのは、

考えるだけではなく実際に行動するということです。

 

もしも相手が困っていて、自分がそれに気づいたとしても

声をかけてあげなければ、気づいてないのと同じ結果になります。

 

もちろん「気づくこと」は大切なことではありますが。

 

「優しい人」と「都合のいい人」

f:id:Daggerlife:20160501013456j:plain

「優しい人になりたい」と思っている人は、どうしても相手によく思われたいがために行動したり好意を伝えようとしますが

 

それは、

「都合のいい人」に成り代わってしまう可能性があります

 

恋愛で尽くしている人も「優しい人」から「都合のいい人」になっている節はありませんか?

 

本当に優しい人というのは、

 

相手だけではなく、自分の事も大切にしている人だと思います。

 

自己犠牲は優しさを生むかもしれませんが、痛みを伴うのでそれを「優しさ」とは言えないと思います。

 

相手の立場と自分の立場

f:id:Daggerlife:20160501013736j:plain

相手の立場になって物事を考え、行動していくとそれがいつしか「優しさ」になります。

 

少なからず私は相手の立場になって行動することで「ありがとう」をもらえているので、きっとそうなんじゃないかなと思います。

 

相手の立場に立つ、ということの“相手”によっても“言われたい言葉”や“言われたくない言葉”というものは変わってくると思うので、そこを意識していくと関係が円滑になっていきます。

 

「優しさ人」に共通すること、それは結果的に相手を思いやる気持ち”。

 

「優しい人になりたい」と思い見てくださっている方は、

きっと既に「優しい人」でもあると感じます。

 

 この記事が少しでも役に立つなら幸いです。