くぼちゃんち

実体験と心理学を中心に描く、くぼちゃんの備忘録

ワンオク×海外ロックバンド×休日×リフレッシュ=

気づけばカテゴリー「音楽」がONE OK ROCKで占められていることに気づき、私も少し困惑している状態です(焦)

 

洋楽が大好きな私にとって、ワンオクは日本で本格的な洋楽派なのでついつい目がいってしまうんですよね。

 

f:id:Daggerlife:20160415144849j:plain

そんなワンオク大好きな私が、今回はワンオクと仲のいい海外のバンドアーティストのオススメの曲を一言加えて紹介していきたいと思います。

 

バラードも紹介していきたいんですが、今回は休日に聞いてリフレッシュできるような曲を中心に紹介していきます。

 

 

 Avril Lavigne

- Runaway - 

www.youtube.com

 

- Here's to Never Growing Up - 

www.youtube.com

 

ワンオクとインタビューしたこともある、ハローキティが大好きなアヴリル

インタビューでは、Tomoyaが一番のお気に入りだと話したアヴリル

私もお気入りに入れてください。

 

基本的にアブリルの音楽はとても聴きやすいです。

それこそ万人ウケするようなロックテイスト、これはワンオクに通ずるところがあると思います。

アブリル好きでワンオクとも関わりのあるアーティストでは阿部真央がいます。

彼女もアブリルが大好きでサポートアクトも務めたことがあるんですよ。

 

........って書いていくと本当にキリがなくなるので、阿部真央についてもまた違う記事で紹介していこうかなぁと思います。

 

 

Sleeping With Sirens

- Gold -

www.youtube.com

 

- Go Go Go - 

www.youtube.com

 

アルバム「35xxxv」では「Sleeping With Sirens(SWS)」のVoであるKellin Quinnがフィーチャリングとして参加しました。

私はワンオクを知る前にSWSを聞いていたので、「35xxxv」のアルバムを買ってKellinという名前を見た時には鳥肌がブワッと立ったのを覚えています。

それほど衝撃的でした。

Takaのスクリーモやハイトーンボイスは、結構Kellinの声質と似ています。

Takaの声のキーをもう少し上げたらKellinの声に聞こえるほど。

Takaの歌唱力も抜群ですが、Kellinのスクリーモとハイトーンなクリアボイスは非常に聴きごたえがあります。

ワンオクよりも若干クセのあるエモーショナルな音楽なので是非聞いてみてください。

 

SWSの新アルバム「Madness」は私が持っているSWSのアルバムの中で、一番クオリティーが高くどの曲もすごくいいです。

 

Madness

Madness

 

 

「Gold」はアルバムverも素敵ですよ。

 

......ってついつい長くなってしまう........

 

 

Simple plan

- Ordinary Life - 

www.youtube.com

 

- summer paradise feat. taka - 

www.youtube.com

 

私の大好きなSimple Plan

 

もうね、まさかSimple PlanがTakaとフィーチャリングするとは......。

 

店の中で「Simple Planだ!」とテンションが上がってたら、なんだか日本語と聞いたことのあるような声が流れてきて.......。

 

最初、理解が追いつかなくてよく聞くとTakaの声だったんですよね。

 

これはズルいよTaka。

 

Simple planは1stアルバムはメチャクチャポップパンクだったんですけど、3rdアルバムくらいになるとロックサウンドにだんだん深化していくんですよね。

 

最新曲を聞くと、5thアルバムの要素がすごく強いように思います。

5thアルバムは「Ordinary Life」が入っているアルバムです。

 

大好きすぎて教えたくないけど教えたいあの気持ちが......!!

 

【スポンサーリンク】

 

 

All time Low

- Daydream Away - 

www.youtube.com

 

- Time-Bomb - 

www.youtube.com

 

ワンオクが"ONE THOUSAND MILES TOUR 2016"で対バンしたAll Time Low。

 

このバンドもワンオク知る前から知っていたので、本当に羨ましいです。

自分が好きなバンドと対バンしていくワンオク。

 

 

あぁ〜〜

 

ATLも本当に聴きやすいです。

先ほどから聴きやすい聴きやすい言ってますね(笑)

 

ATLはライブ映像を見てみると女性ファンが圧倒的に多いような印象を受けます。

メンバーのルックスがいいので、そうなのかもしれませんね。

爽やかでストレートなロックをぶちまけるATLのA daydream awayはカフェオレを思わず飲みたくなるような曲です。

 

Against the Current

- Gravity - 

www.youtube.com

 

- The Beginning (cover)-

www.youtube.com

 

あの“パラモア”に影響を受けたVo.クリッシー率いるバンド。

クリッシー・コンスタンザはまだ20歳前後という若さながら、抜群の歌唱力をもっており元はYoutubeで活動していたそうです。

 

まさに現代のインターネット社会の紅一点。

 

最初はyoutubeでカバー音楽を投稿していたので、カバー曲がすごく多いです。

テイラーやカーリー・レイ・ジャプセンの曲をカバーし、話題になっています。

 

一番はやっぱりワンオクのThe beginning。

アルバムを聴いた時、うひょおおお!となりました。

 

 

独りでね。

 

 

 

The Beginning

The Beginning

  • アゲインスト・ザ・カレント
  • ポップ
  • ¥250

 

クリッシーもTakaと共演しており、やっぱり引き寄せたのはJohn Feldmann。

ありがたいです。

 

 最後に

ワンオクが海外で活動することが多くなり、海外でワンオクと仲良くなったバンドが日本でパフォーマンスしてくれるのはすごく嬉しいですね。

 

Takaは他にもタイラーカーターともプライベートでも仲がいいので、またISSUEについても勉強していこうかなぁと思っています。

 

休日に音楽を聞いて、まったりと過ごすのもリフレッシュに最適かなぁと思って紹介させていただきました。

 

 

この記事で、音楽が好きになってくれたりリフレッシュできる方がいたら幸いです。