くぼちゃんち

実体験と心理学を中心に描く、くぼちゃんの備忘録

叶えたい夢を引き寄せるたった1つの方法と+α

人間として生まれてきたからには、何か一つ自分で叶えたい“夢”ができるはず。

 

「芸能人になりたい」

「大金持ちになりたい」

 

 

「火影になりたい......」

f:id:Daggerlife:20160410153341p:plain

 

 

色々あると思います。

 

ちなみに私の場合は、「死ぬまでに何をしたい?」と言われたら

 

「オーロラを見てみたい」と答えます。

f:id:Daggerlife:20160410144538j:plain

 

あぁ 言われてみれば確かに見てみたいかも......!と思いませんか?

おそらく実際に自分のこの目でリアルなオーロラを見たら、興奮しすぎて死ぬんじゃないかなぁと思います。

 

 

しかし、「オーロラを見たい」を見たいと言っても、言葉通り幻想で終わってしまう可能性もありますよね。

 

簡単に言うと「オーロラをみたい」と言った人たちの何パーセントが実際に見ることができたのでしょうか、ということ。

 

つまり、見たいと思うだけでは私の体は細くなり、はいまた来世でね〜状態になるということです。

 

 しかし、夢は見るだけじゃなく叶えたいもの......。

 

 

そこで今回は、叶えたい夢を引き寄せる方法を教えていきたいと思います。

 

 

とは言っても既に見ている方の何人かはお気づきかもしれませんね。

  

 たった一つの方法

例えば先ほど見出しに出した、日本で知らない人はいないであろう「ナルト-NARUTO-」。

 

 マンガは読んだことはない人でも、名前くらいは知っていますよね。

 

 

その主人公「ナルト」は1巻からずっと同じ言葉を言い続けています。

f:id:Daggerlife:20160410153230j:plain

f:id:Daggerlife:20160410153212j:plain

 

 

 

あれ......??

 

思った以上に「火影になる!」ってセリフがない......

 

 

......。

 

 

い、言い続けてますよね。

言葉は少し違いますがニュアンスは「火影になる」って言ってますよね(焦)

 

 

 

一番最初にこの言葉を叫んだときのナルトは、特別強いわけではありませんでした。

というより、

周りからは「落ちこぼれ」と言われ、避けられていましたし、卒業試験でも失敗し何もできてませんでした。

 

世間でいう笑われ者の一人です。

 

しかし、ナルトは諦めるどころか日に日にどんどん「火影になる」と口ずさんでいきます。

きっとナルトよりも強い忍びなんて星の数ほどいたでしょう。

 

実際に最初の任務ではナルトより強い忍びが現れて、レベルの違いを思い知り、自分がいかに弱く「火影になる」という言葉との距離が離れているか実感した出来事がありました。

 

他にも、「お前は火影にはなれない」と言われたり、自分より才能ある強い人がたくさんでてきます。

 

 

 

私だったら、アナタだったらこんな状況でも「火影になる」と堂々といえるのでしょうか。

 

自分の放っている言葉がどれほどバカげているかを痛感し、諦めてしまう人もいるのではないでしょうか。

 

また、諦めないまでも今度から堂々と「火影になる」なんて言葉は言わなくなる人もいるだろうと思います。

 

私だったら、おそらく後者でしょうね。

 

しかし、ナルトは自分より強い忍びに殺されそうになった後でも、ずっと「火影になる」と言っています。

 

つまり

 

 

 

 

 

言い続けること

 

 

 

 

それが叶えたい夢を引き寄せる方法です。

ナルトはどんなときでも自分の夢を言い続けてきました。

 

思い続けていたのではなく、言い続けてきました。

 

どんな困難があろうと曲げることはなく、壁を乗り越えようとするたびに自分の夢を言葉に出しています。

 

 

信じること

f:id:Daggerlife:20160410161620j:plain

 

言葉の力というものはとても影響力があります。

特に、自分が信じている強さに比例して言葉の力も強くなっていきます。

 

例えば、他人が言った言葉と親友が言った言葉のどちらが自分の心に入ってきやすいですか?

 

親友に言われたときの方が、自分に影響を与えやすいはずです。

 

好きなマンガと嫌いなマンガ、どちらに影響を受けやすいですか?

 

 

 

ナルトはずっと言い続けることで、自分に揺るぎない信念をもたせました。

そして、自分の言葉に絶対の自信がついたんです。

 

なぜ、どんな状況でも「火影になる」ということを言い続けてきたのか。

 

 

それは、“自分”を信じていたからです。

 

 

ナルトは自分が「火影になる」ことを疑っていませんでした。

“絶対になれる”と自分を信じて、言葉を言い続けてきたんです。

 

ナルトは一番誰を信じてきたか、

それはナルト自身です。

自分を信じてきたからこそ、自分の言葉に励まされ努力し、何度も立ち上がってくれたのだと思います。

f:id:Daggerlife:20160410162002j:plain

 

 

最後に

f:id:Daggerlife:20160410162318j:plain

自分が叶えたい夢や、やりたいことを言葉に出して言うのはとても恥ずかしいです。

 

しかし、それが本当に自分にとっての大切なことならナルトのようにドンドン口に出していいと思います。

 

人に馬鹿にされようが笑われようが気にしないでいいと思います。

実際にナルトは散々言われてきたし笑われてきましたが、臆することなく言い続けていました。

 

 

クサい話、人生は一度きり。

 

この記事を見たい思った理由は、

どこかに【叶えたい夢】があるんじゃないでしょうか 。

 

 

ぜひ、口に出してそれを目指す自分を信じてみてください。