くぼちゃんち

実体験と心理学を中心に描く、くぼちゃんの備忘録

ダメ男を引き寄せてしまうダメ女の特徴

「なんであんな男と付き合っているんだろう」

f:id:Daggerlife:20160331135618j:plain

 

あなたの周りで、そう感じた女性を見たことはありませんか?

 

私は、よく女性の方に恋愛相談されることが多いのですが、男の私から見ても

「なんでこの人はそんな男と付き合っているんだろう」と思いながら話を聞いている時があります。

 

 

恋愛というものは形がなく、見ることができないからこそ美しいと思います。

しかし言い方は悪いですが“自分の目”で相手をきちんと見分けることができないのであればただの“おままごと”同然です。

 

 

「ダメ男」というものの定義は人の価値観によって変わるのでなんとも言えませんが、実は「ダメ男」を引き寄せてしまう「ダメ女」には共通点はあるんです。

 

 

 

 

 

 

 

それはイイ女ということです。

 

 

 

 

 

.......??

 

「ダメ女」っていってるじゃねぇか!

 

 

 ってちょっと待ってください説明します!

 

 

私の周りで「ダメ男を惹きつける女性」というのは、優しくて気配りのできるいわゆる「イイ女」であることが多いんです。

 

 

 

 

「この人のために」

「相手はこう思っていそうだから」

 

 

そういった理由で相手の要求を承認するケースが多いように感じます。

そして、男性は女性に依存しだすんです。

 

 

 

私の友達はまさにこのタイプでした。

 

ニーチェの言葉に

事実というものは存在しない。

存在するのは解釈だけである。

http://iyashitour.com/meigen/greatman/nietzsche/3

 という言葉がありますが、

「優しい」と「甘やかす」という言葉を一緒になって使っている女性でした。

 

 

 

これが「ダメ女」の共通点です。

 

 

「ダメ女」は裏を返すと「イイ女」である可能性が高いということを今回、例えを交えてご紹介します。

 

 

 

 

優しさを勘違いする「ダメ女」

f:id:Daggerlife:20160331141900j:plain

 

「優しさ」といっても見方を変えるだけで2つの「優しさ」があることを知っていますか?

 

例えば、頼みごと。

 

「これ、やってほしいんだけど」

と男性が女性に頼み込んできたとします。

 

 

「あ、うん! 全然イイよ!」

と即答する女性。

 

 

もう、危ないです。

 

相手を助ける意味での「優しさ」ではありますが、相手のためになる「優しさ」ではない可能性があるからです。

 

もしもそれが、男性一人でできる場合、自分でやらせたり考えさせたりすることこそが「優しさ」であるケースもあるということ。

 

「この人のために」と相手を思うがあまり、手伝うことは悪いことではありませんが、

 

それは甘やかしではありませんか?

 

男性は「その優しさ(甘やかし)」を当たり前と決め込んで、どんどんその女性に依存してしまいます。

 

こうなると男性は、自立できなくなっていき、めんどくさいことややりたくないことは女性に押し付けてしまうようになるんです。

 

なんでもかんでも許してしまうのは良くないです。

 

 

私の友達は、男性がお願いしてきたことはすべてやるような女性でした。

それでは、男性がダメ男になるのも見えますよね......。

 

 

時々

「あの人は私がいないと......」なんて意味のわからない使命感に追いやられた女性がいますが、その場合は男性に都合のイイように扱われていると思います。

 

男性の立場から言わせてもらうと

あなたでは無く、自分の言ったことをやってくれる人なら誰でもいいと男性は思っていますよ。

 

それは女性の都合のイイ解釈です......悲しいけど。

 

 

なので相手のためになる優しさかどうか考えて行動してみてください。

 

理想としてはお互いが自立して、お互いの意見がしっかりある関係がベストです。

 

 

 

母性本能がありあまる「ダメ女」

f:id:Daggerlife:20160331150534j:plain

 

“母性”はモテる女特集にもよく出ていますが、“母性”は1つ間違うと危険です。

 

「しかたないなぁ〜」

 

と男性の頼みを内心ニヤニヤとしている女性はもうアウト寸前です。

 

 

私が先日、「ダメ男」としか付き合ったことのないという女性から話を聞いたところ、

「あの人のために苦労している自分が好きだった」と言っていました。

 

 

 

ドMかよ。

 

 

と素直に思っていたら、目の前の女性が笑っていたので言葉に出してしまったのを覚えています。

 

 

相手に尽くしすぎているんだなぁ

と感じました。

 

まさに男性は女性に「おんぶに抱っこ状態」です。

 

それでは男性が調子に乗って、女性をまるで奴隷のようにこき使う可能性があるんです。

それなのに

「苦労している自分が好き」状態でトランスしていたらどんどん男性が「ダメ男」から「クソ男」になっていくので気をつけて下さい。

 

 

女性は男性の「おかあさん」ではありません(笑)

 

 

正当化する「ダメ女」

f:id:Daggerlife:20160331153650j:plain

私の友達(今日何回だすんだろうw)の会話の全体を通して感じた事。

 

 

 

 

「でも〜」「だって」が多すぎる。

 

 

 

自分が何を言っても

「でも、イイところもあったよ」

「だってしかたない」

とかとにかく否定の言葉が多かったです。

 

 

もう何言っても聞き分けのない子供みたい......。

 

 

自分を正当化して美化しすぎているように感じました。

 

そういう人は「ネガティブ」な考えを持った人が多く、男性にもその感情が移る時があるので気をつけたほうがイイと思います。

 

もっと事実は事実として受け止めたほうがイイです。

 

 

そして、一言言ってしまえば、

 

 

「イイところなんて誰にでもあるわ!」

 

 

 

主観的に物事を考えるのでは無くて、客観的に全体像を見渡せば、相手がどんな人なのかを違う角度から見る事ができます。

 

できない場合は、誰かにどう見られているかを聞くのも1つの参考としてアリだと思います。

 

 

後、恋愛を体の関係から始めてしまうと

 

ズルズルと引きずって「ダメな関係」になるのでやめたほうがイイです。

伴って「ダメ男」である可能性が高い(21歳 女性)

との事です。

 

 

 最後に

 

まとめると

  1. 相手のためになる優しさを
  2. 相手に尽くす意味を考える
  3. 物事を常に正当化しない

 

いかがでしたでしょうか。

 

恋愛は人を傷つけることもあるし、人を成長させる存在でもあります。

 

100組のカップルがいれば100通りの恋愛観があるわけですが、お互いが「依存」しあい、何のための相手なのかを忘れないようにして欲しいです。

 

そして、決して

 

 

男性にとっての「都合のイイ女にはならないように。